パンとお菓子作り

フランスパン天板でコッペパン

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、今日は富澤商店さんで購入した
フランスパン天板でコッペパンを焼いたので
その事について書きたいと思います。

フランスパン天板で焼いたコッペパン

富澤商店さんで買ったフランスパン天板ですが
富澤商店さんのHPにこの天板を使ったコッペパンのレシピが載ってたので
それを今回作ってみましたので紹介していきます。

フランスパン天板って?

フランスパン天板は畝型になってる型です。
上の画像の型が畝型のフランスパン天板です。
フランスパンって作るの難しくって、なかなか上手くできないんですが
また水分量が多いので、生地がべたついて扱いづらいです。
その水分量が多いから、気泡がたくさんできて、
あのフランスパン独特のボコボコと穴の空いたパンになるんです。

フランスパンの最終発酵は、天板にパンマットひいて畝を作って
発酵させた後、天板に発酵した生地を移すんですが、手で持つと形が崩れるので
板で移したりするんですが、
この型があれば、発酵後移す必要がないので楽です。
また富澤商店さんのこの型はシリコンコーティングされてるので
手入れも楽ですし、生地をそのまま置いてもくっつかないので扱いやすいです。
それでお値段もお手頃です。

(小) 天板サイズ:268×241×H26mm 単品サイズ:268×50×H26mm 1,555円(税込)
(大) 天板サイズ:385×245×H26mm 単品サイズ:385×52×H26mm 1,684円(税込)

富澤オンラインより

値段もそう変わらないから大は小を兼ねるで大を買った方が良い気がしますが
大は大きいのでオーブンの天板のサイズ確認してみましょう〜
私もオーブン付属の天板は乗らなかったので、フラットの天板があったのでそれで使ってます。

コッペパンの材料とレシピ

コッペパンの材料とレシピは富澤商店オンラインさんに公開されていますので
そちらを参考にしてください。

https://tomiz.com/recipe/pro/detail/20180423162900

作ってみた感想

コッペパンは今までも作った事があるんですが、成形して発酵する時に
形がバラバラになったりします。
型も売ってますが、コッペパン作るのに型っているの?
って思っていましたから今までは型なしで作っていましたが、この型を使うことによって
横に広がらないし、太さが圴一になります。
またこの型はシリコンコーティングされてますから、型にショートニングも塗る必要がないのもいいですね。
パンの型って最初に空焼きしてオイル塗って、また焼いてって使うまでに準備が必要ですが
そんな事も必要なく、中性洗剤で洗えるのもいいですね。

焼けたコッペパンも焼き色もいい感じでついてますし、触ってもふわふわのパンでした。

今回は前日に作った焼きそばが余ってたので、焼きそばパンにしましたが
オーソドックスにホットドックでもいいですし、クリーム挟んでもいいですよね。
パンのレシピも惣菜でも、甘系でも合います。

まとめ

フランスパン天板でコッペパン?って思ってたんですが
作ってみたら、形の揃ったコッペパンが焼けました。
レシピもなんでも合いそうなレシピなので、具材を変えれば豪華なパンから
クリーム等挟んでスイーツ系のパンでも作れます。
今回は焼きそばが残ってたので急に思い立って作りました。
材料も普段パンを作る方なら家にある材料で作れますので
是非作ってみてください。



ABOUT ME
miiko
パンとお菓子を作るのが好きで、apple製品が大好きです。 何にでも興味津々です。 60代の主婦目線でいろんなことを綴ってます。 キャッシュレスとポイ活もやっています